天国的底辺

二次元、創作、裸足、資格試験、その他諸々についての思索で構成されたブログ

【フェチ】私の裸足画像の集め方を公開します【二次も三次も】

ラブライブ!サンシャイン!!渡辺曜

 

 皆さんは、順調に裸足画像と出会えていますか?

 可愛くて、美しくて、えっちい裸足を、二次元三次元問わず、毎日コンスタントに堪能することができていますか?

 

 ……という問いかけを急にかまされても、即座に言わんとする意味が理解できるし、むしろ本能的に身を乗り出してしまう、という方のために、当記事は書かれています。

 そうでない方に、回れ右して立ち去れと命じるつもりはまったくないのですが、他人の特殊性癖に興味がある、という方でもない限り、読んだ甲斐を感じ取ってもらうのは難しいかもしれません。

 この先を読み進めようという方は、その辺りをご了承の上、進んでいただければと思います。

 

 

画像集めは1日1時間

 現在の私は、1日1時間ほどを裸足画像の収集に費やしています。

 作業の時間は、午前0時~1時と基本的には定め、できる限りの画像をTwitterでシェアするよう努めています。

 昔はもっと暇を持て余しており、巡回というより徘徊に近いかたちであちこちをチェックしていました。

 なので充実度は現在の比ではなかったのですが、今の私がそれと同じことをすることは、生活の関係上ちょっと不可能です。

 

 これを読んでいるあなたも、よほど暇な人生を送っていない限り、ある程度効率について考えていかなくてはいけないでしょう。

 私達のような人種にとって、裸足の画像を集めることは、何かと大変な人生を潤すためのとても大切な「儀式」のようなものですが、かといってそれにそこまで大量の時間を注ぎ込むわけにもいかない事情が、それぞれにあります。

 そこで、「いかに良質な情報源をまとめるか」について考えることが、必須となってきます。

 

 当記事では、その辺りの課題を私がどのようにこなしているかについて、手の内をすべてバラしていきたいと思います。

 

毎日やっていること

 基本的に私は、毎日同じチェック方法を繰り返しています。

 特にTwitterの場合、一定時間が経過してしまうと、コンテンツを追いかけるのが難しくなってしまうので、何日かまとめてチェックするという方法を採るのが難しいのです。

 この項では、その毎日のルーチンワークについて説明していきましょう。

 

Twitterのリストチェック

 まず、現在の私にとって最も重要なのは、Twitterに作った「裸足リスト」をチェックすることです。

 これは、私がフォローしているアカウントの中から、裸足の画像を提供してくれるものを集めてリスト化し、それを24時間に一度チェックする、という作業です。

 

 ここで大事なのは、そのリストをどのように構築するかでしょう。

 ぱっと思いつくところでは、良質な裸足画像を提供してくれる絵描きさんなりカメラマンさんなり女性アカウントなりをフォローする、といったことが挙げられるのではないかと思いますが、実のところ私は、絵描きさんについてはあまりフォローしていません。

 絵描きさんが毎日絵に関するツイートだけをしているかというと、そんなことはなく、日々の生活のこともたくさんツイートしていることが多いです。

 それはまったく悪いことではないのですが、効率よく裸足の画像を集めるという目的からすると、失礼ながら「ノイズが多い」アカウントと評することができるんですよね。

 

 ではどうするかというと、まず第一に、ひたすら絵をアップすることだけに専念しているタイプの絵描きさんをフォローします。

 そして第二に、絵描きさん自体ではなく、「絵描きさんがアップした絵のツイートを数多くリツイートするアカウント」をフォローするのです。

 後者は特に重要で、これによって、極めて効率よくそのリストに裸足の画像がたくさん表示されることになります。

 そしてそれらの画像付きツイートを、私もリツイートすることで、私自身もまた後者のアカウントの1人として、誰かの役に立つことができるわけです。

 

 私と相互フォローの関係にある、とある方は、そういったリツイートを互いにし合うことを「裸足画像交換会」と呼んでいましたが、これは言い得て妙ですね。

 ある絵描きさんが、良質の裸足画像を投下したら、それを同好の士によって、全員に行き渡るまでひたすらリツイートしまくっていく。

 悪く言えばハイエナのようですが、これを皆がやることで、絵描きさんもまた有名になっていくので、しっかりwin-winの関係を築けていることはできます。

 積極的にやっていくべきでしょう。

 

pixivを「裸足」でタグ検索

 上記の作業が、まず私が毎日最初に行っていることですが、それが終わると、次にpixivに向かい、「裸足」でタグ検索を行います。

 そして出てきたもののうち、気に入ったものをクリックし、まずはそこで画像を保存。そして、もし作者がTwitterアカウントを持っているのであれば、同じ画像を投稿しているツイートをリツイート。もしアカウントを持っていなければ、pixivの画像自体をシェアしています。

 

 ここでのポイントは、保存する対象がpixiv上の画像であるにもかかわらず、Twitterで拡散する上では、Twitter上にあげられた画像のほうを優先しているということです。

 保存対象をpixivにするのは、こちらに置かれた絵のほうがしばしば解像度が大きいことと、いわゆるuniqueであることが理由です。

 それに対し、拡散するときにTwitter上の絵のリツイートを優先するのは、pixivの画像をシェアするツイートは私自身のツイートになるので、何となく「絵描きさんの功績を奪っている」ような気分になるからです。

 できる限り、絵描きさん自身のツイートを拡散したいという気持ちがあるんですよね。

 

 この辺は極めて個人的なポリシーの問題なので、それによって私の作業効率が良くなっているというわけではありません。

 しかし、「絵描きさんから発信されたコンテンツを最も重要視する」というスタンスは、大局的にはそれなりに大事なものなのではないかと、私は考えています。

 

5ch半角二次元板の裸足スレをチェック

 今やすっかり衰退してしまった5chですが、まだまだ活用方法は残されています。

 そのうちの一つが、半角二次元板の裸足スレに行き、そこにアップされている裸足画像をチェックすることです。

 このスレッドは細々とですが、しかし確実に息をしており、毎日チェックしていれば、必ず何かしらの新しいコンテンツが紹介されています。

 そんな有志の皆さんの活動を、ありがたく活用させてもらっています。

 

 この際に私が自分に定めているのは、拾った画像を検索にかけて、大元のpixivアカウントなりTwitterアカウントなりを割り出し、それらのほうをTwitter上で紹介するということです。

 というのも、5chのスレ上で紹介されている絵は、慣習としてそのほとんどが、元のアカウントから切り離されるかたちでアップされたものなのです。

 これをそのまま紹介するには、自分のアカウントに画像を貼り付けなければならないのですが、これは先述したのと同じく、絵描きさんの手柄を横取りするようなものなので、私としてはちょっと避けたいのです。

 

 微力ではありますが、私としてはとにかく、私のアクションによって絵描きさんご自身に有名になっていただきたいんですよね。

 その結果として「絵描きさんがフェチから離れてしまう」こともたまにあったりするのですが、それでも基本的には、良い裸足を描く絵描きさんは、それによってご本人がビッグになるという結果に結びつくべきだと思うのです。

 

NATURAL FOOTさんをチェック

 そして1日の巡回の最後を飾るのが、NATURAL FOOTさんです。

 このサイトは知る人ぞ知る裸足フェチ御用達のサイトで、管理人さんは、街で女性に声をかけて、その裸足を撮影させてもらう、ということを、もう10年以上にわたって続けている人です。

 SNSに展開することもなく、商売にすることもなく、昔から変わらないインターフェースのサイト上で、ただひたすらに同じ作業を繰り返している。

 その職人さんのような姿勢に、ある種の尊敬のようなものを覚えます。

 

 NATURAL FOOTさんの更新頻度は、大体年に数十回といったところで、毎日チェックする意味はそんなにないかもしれません。

 しかし私は個人的に、このサイトのことを本当に楽しみにしているので、どうしても毎日、更新していないかどうかを見ないと気が済まないんですよね。

 ちなみに、様々な年齢層の女性がモデルさんとして選ばれていますが、私が圧倒的に好きなのは、制服裸足の中高生がモデルさんになった場合です。

 何と言ってもこの姿がいちばん女性の美を引き立てると思っているので、更新された画像がそれだったときは、本当に嬉しくなりますね。

 

 少し話はそれますが、NATURAL FOOTさんを見ていると――というか、モデルになることを承諾してくれる一般の女性達を見ていると、意外と裸足フェチって世の中に通ってしまうものなのかな、ということを思わされます。

 結局は声をかける側の人柄で決まるところなのかもしれません。いや人柄というか、根本的な女性ウケの良さ。

 悔しいですが、私がどんなに写真の腕を上げたとしても、きっと街でモデルさんを捕まえることはできないのでしょう。

 その意味では、管理人さんが無数の女性の承諾を得られていることについては、素直にすごいなと思わざるを得ません。

 

BBS・個人サイトの凋落

 かつてのネットにおいては、BBSや個人サイトがとても元気でしたよね。

 私はそういったところで、裸足フェチ系の画像をよく集めていたものです。

 私の敬愛するゴッツさん(@lovegreen11821)を知ったのはとあるBBSですし、裸足で外を歩くのが大好きなnarumiさん(@hadashinarumi)を知ったのは、ご本人が作っていたサイトです。

 これらには、とても深い思い入れがあります。

 

 しかし今は、どこもすっかり過疎化してしまい、少なくとも私の観測範囲内は、見る影もなくなってしまいました。

 個人サイトがどんどん閉鎖されていくのも寂しいのですが、ある意味それよりも悲哀に満ちているのが、「一応存在だけは続いているBBS」ですね。

 今でも書き込もうと思えば書き込めますし、何ヶ月かに1回位は画像が投稿されたりもするのですが、生きているとは言い難い状態です。

 そんなゾンビのような有り様を見るにつけ、「ああ、時代は変わってしまったんだな」ということを深々と考えさせられるのです。

 

 そのような現状ですから、私も現在は、BBSや個人サイトはほとんどチェックしなくなっています。

 上記のNATURAL FOOTさんは、本当に例外中の例外。

 こういったサイトを見つけることは難しく、もしあなたが元気なサイトを幾つかキープしているのであれば、それは本当に貴重なことなので、ぜひ管理人さんに応援の声を届けてあげてください。

 いつも楽しみにしています、という意思を伝えるだけでも、きっと管理人さんにとって大きなモチベーションアップにつながることでしょう。

 

有料コンテンツは充実している

 さて、ここまで紹介してきたのは、どれも無料のコンテンツです。

 描いた人、あるいは撮影した人が、善意でその作品を全世界の人に公開してくれているわけです。

 私のような貧乏人にとっては、彼らの存在は本当にありがたいもので、毎日増えていくコレクションを眺めるにつけ、感謝の念が尽きません。

 

 しかしもし、コンテンツにお金を払う余裕があなたにあるならば、今の世の中には、有料コンテンツがたくさん存在します。

 二次元であるならば、pixivFANBOXやBOOTH、Fantiaといったあたりが挙げられるでしょう。良質な裸足を描いてくれる絵描きさんが数多く存在しており、高画質な画像などを惜しみなく公開してくれています。

 料金設定は絵描きさんによって異なりますが、私の観察する限りでは、いわゆる「ぼったくり」のようなものはほとんど見られません。

 むしろ、どの絵描きさんも、お金を取ることにはとても慎重で、適正価格がどれくらいなのかを自身の更新ペースと相談しながら、絶妙な価格を決めているというのが私の印象です。

 

 BOOTHやFantiaは、三次元も扱っており、例えば先述のゴッツさんなども、Fantiaで活動を展開しています。
 ここで紹介させていただきますね。興味があったらぜひ入会してみてください。

 

 しかし三次元ということでは、最も注目すべきサイトはGcolleでしょう。

 ここでは多くの裸足フェチの人が、モデルさんを撮影した写真集を販売しており、大変活発です。

 有名なsanziさんを始め、本当に多くの人がGcolleを利用しており、ここを巡回するだけでも、裸足フェチというものがどれだけ多くの同好の士によって成り立っている世界なのかが、よくわかるのではないかと思います。

 

 預金通帳の桁数に自信があるという方は、これらのコンプリートを目指して、片っ端から漁っていくのも良いでしょう。

 

おわりに

 私が最初にネットを始めた頃に比べると、今の世の中は裸足フェチ的には、ほとんど楽園のようなものです。

 もちろん、いくつか入手の難しいジャンルはあります。

 例えば、私の大好きな「授業中裸足になっている女子」の画像などは、なかなか手に入るものではありません。

 ネットのサービスがどれだけ充実したとしても、授業中にそういうものを撮影しようとする人自体が滅多に現れないので、結果としてコンテンツは今も昔も乏しいままなのです。

 

 しかしそのような特殊なものを抜きにすれば、今の世の中、大抵のジャンルについては存分に堪能することができます。

 むしろ今は、滝のようにどんどん流れていくコンテンツを、見逃さずにしっかり捕らえることのほうが大変な時代であると言えるでしょう。

 限られた可処分時間の中で、それらをしっかりチェックしていくのは、それなりのスキルを必要とすることです。

 そのためにどんなことをすれば良いのかについて、今回、記事にさせていただきました。

 

 お互い、限られた時間で、美味しいコンテンツをしっかり味わっていきましょうね。

 そしてできれば、あなたも自分が発見したものを積極的にシェアするようにしてください。

 それによって、コミュニティはより強固なものとなり、コンテンツの発信者達も報われることになるのです。

 そうやってみんなが幸せになれば、それに越したことはありませんよね。

 

【関連記事】

www.tengoku-teihen.com

www.tengoku-teihen.com

www.tengoku-teihen.com

www.tengoku-teihen.com

www.tengoku-teihen.com

www.tengoku-teihen.com

www.tengoku-teihen.com

www.tengoku-teihen.com

www.tengoku-teihen.com