天国的底辺

二次元、創作、裸足、資格試験、その他諸々についての思索で構成されたブログ

YouTube Premium+ワイヤレスイヤホンが便利すぎる

 先日、初めて完全ワイヤレスイヤホンを購入したのですが、それと組み合わせて利用する意図で、数日後にYouTube Premiumの無料お試しを申し込んでみました。

 何となくのイメージとして、この2つは非常に相性が良いように思えたのです。

 

 そうしたら、これが想像以上に強力で。

 たいして生活が潤わないようだったら、無料期間だけで終わりにするつもりだったのですが、とてもとてもそんな選択はできない体になってしまいました。

 

 そんなわけで、沼にハマッてしまった人間として、この2つのコンボの素晴らしさをぜひ多くの人にシェアしたいと思い、今回記事を書いてみることにしました。

 お付き合いいただければ幸いです。

 

 

YouTube Premiumとは?

 中には「YouTube Premiumって何?」という方もおられるかもしれないので、簡単に説明しておきます。

 YouTube Premiumとは、2018/11/14に日本で開始されたYouTubeの有料サービスで、購入すると従来のYouTubeに幾つかの機能が加わるというものです。

 機能はそれなりに多岐にわたるのですが、ここでは柱となっているものを3つ、挙げておきましょう。

 

広告が出なくなる

 収益化されたチャンネルの動画には、基本的に広告が挿入されていますよね。

 今では当たり前になっており、もう慣れてしまったよ、という人も多いかもしれませんが、改めてその好き嫌いについて問われたときに、あれを好きだと答える人はまあいないでしょう。

 中には、スキップできない種類の広告もあったりして、そんなものが表示された日には、(そんな権利がないことを承知の上で)「こっちは客だぞ!」みたいなことを言いたくなってきます。

 

 YouTube Premiumを購入することによって、この広告が一切表示されなくなります。

 チャンネル運営者には、その代わりにYouTube Premiumによる収益から、然るべき計算で分け前が分配されるようになっているらしいですね。

 

バックグラウンド再生が可能になる

 スマートフォンでYouTubeの動画を再生する機会のある人は多いと思われますが、あれってホームに戻ったり、スリープしたりすると、再生が止まってしまいますよね。

 音楽系の動画を再生しているときなど、スマホの画面を切って音だけを楽しみたいこともしばしばあるのに、それができない仕様になっています。

 

 YouTube Premiumを購入することによって、この機能、いわゆるバックグラウンド再生ができるようになります。

 スマホをスリープさせることで、バッテリーが保つようになる上、安心してポケット等に入れておくことができるようになるので、使用形態の幅が一気に広がることになります。

 

オフラインに動画を保存できる

 同じくスマホオンリーの機能ですが、動画を一時的にオフライン、すなわちローカルストレージに保存することができるようになります。

 これにより、例えば自宅のWi-Fi環境で動画をたくさん保存しておき、外出時にそれらを再生することで、モバイル通信のデータ枠を消費せずに動画を楽しむことができるようになるわけです。

 

 保存する動画の解像度は選択することができるので、スマホの残り容量が圧迫しているときには、低画質のものを選んでおけば、かなりの数の動画を落としておくことが可能です。

 

機能同士の結びつきが素晴らしい

 以上の3つの機能についてどう感じるかは、まあ人それぞれでしょう。

 もちろん、タダなら誰だって契約するでしょうが、これは有料のサービス。すべては値段との比較で判断されることになります。

 その点、このYouTube Premium、価格設定がかな~り微妙に映るんですよね。

 一人で契約する場合は月額1,180円、家族同時に契約するファミリープランでは月額1,780円

 家族の人数が多く、その全員がYouTubeを利用する、という場合にはあまり問題にならないかもしれませんが、一人で契約する場合、月額1,000円超えというのは、それなりに躊躇する数字だと思います。

 

 これが例えば月額780円くらいだったら、一気に契約者が倍くらいに増えるのではないかと思うのですが、まあYouTube側としても、こういう価格にしたことにはそれなりの計算があるのでしょう。

 あるいは、このくらいに設定しないと、コンテンツ発信者達に対する還元がきちんとできないのかもしれません。

 その辺りは、いちユーザーに過ぎない私には判断できないところです。

 

 ただ、サービスを使い始めて半月以上が経過した今、これだけは言えます。

 上記の3つの機能、本当に使えます。

 

 まず、広告がなくなるということには、単に「鬱陶しさがなくなる」という以上のものがあります。

 動画の進行が一切遮断されなくなることで、動画との向き合い方が変わってくるんですよ。

 具体的には、ひたすら流し続ける、という利用法が、ものすごく増えるのです。

 少なくとも私は、再生することについての気構えが良い意味で消滅し、ちょっとでも興味を持ったものはどんどん「キュー」や「後で見る」に追加していくスタイルに、すっかり染まってしまいました。

 動画は流しっぱなしにするもの、という意識が、俄然強まった影響です。

 

 そしてそのことで、バックグラウンド再生が余計に貴重に思えるようになってきます。

 流しっぱなしにするということはつまり、複数の動画を再生設定し、それらが長時間延々と流れ続ける状態にするこということですよね。

 この行為をスマホで行う場合、その最中にべつのことをいろいろとやりたくなります。

 LINEが来ればそれに返信する必要がありますし、他にもニュースを読んでみたり、SNSをチェックしてみたり、動画と同時進行でやりたいことはたくさん出てきます。

 標準状態では、YouTubeアプリから離れるたびに動画がいちいち停止していたわけですが、バックグラウンド再生により、それがなくなるわけです。

 これは、流しっぱなしスタイルを強力にサポートしてくれるものなんですよね。

 

 そして、こういうことができるとなると、これを外出時にもやりたくなります。

 しかし、モバイル通信でこれをやろうとすると、あっという間に「ギガが減り」、月末を迎える前に容量の上限に達してしまいます。

 ここで活きてくるのが、オフラインへの保存。

 YouTube Premium側には容量の制限はなく、スマホのストレージ目一杯まで保存することができるので、多くの環境において、時間にすると相当な量の動画を保存することができます。

 少なくとも、一日外出しているあいだに観るぶんをスマホ内に収めることくらいは、問題なくできてしまうでしょう。

 

 ――このように、3つの機能の結びつきが半端じゃないわけです。

 あまりお金のない私ですが、いったんこの体験を味わってしまったら、もうこれを捨てる気にはなれなくなりました。

「自分はYouTubeのヘビーユーザーじゃないから、どうだろう……」

 と思っている人もいるかもしれませんが、最初の1ヶ月は無料で使えるので、試しに契約してみるといいですよ。

 今ヘビーユーザーでないとしても、この機能のあまりの有能ぶりに、これからヘビーユーザーになってしまう可能性がじゅうぶんにありますから。

 

ワイヤレスイヤホンとの組み合わせが最強

 そして、私のYouTube Premium生活を支えているのが、先行して購入した完全ワイヤレスイヤホンです。

 この組み合わせがまた……一言でいうと、最強なんです。

 ワイヤレスイヤホンを本格的に使いこなす前は、移動しながら音楽を聴いたり動画を観たりすることにあまり魅力を感じられなかったのですが、愚かでしたね。

 常に何かを視聴できるということが、こんなに凄いことだとは思いませんでした。

 

 YouTubeの動画って、必ずしも画面を把握していなければ楽しめないとは限らないじゃないですか。

 もちろんそれぞれの動画のスタイルに依るところが大きいのですが、結構多くの動画が、実は聴いているだけでも8割くらいは楽しめるし、理解もできるものだったりします。

 そういう動画を、バックグラウンド再生させてスマホをポケットに入れて、ワイヤレスイヤホンで聴く。

 これ、本当に捗りますよ。

 

 私が個人的に、今いちばんこのスタイルでの「視聴」にハマっているのが、お笑い芸人の中田敦彦さんがやっている「中田敦彦のYouTube大学」ですね。

 あれは、話の概要を書いたホワイトボードの前で、ひたすら中田さんが話すというスタイルの動画なわけですが、実のところホワイトボードや中田さんが視界に入っていなくても、お話の内容を追いかけることは可能なのです。

 なので私は、耳だけであのチャンネルを楽しんでいるわけです。

 これはひとえに、YouTube Premiumとワイヤレスイヤホンの組み合わせがあったからこそ生まれたスタイルです。

 この2つの要素が揃わなかったら、恐らくチャンネルそのものと無縁のままだったことでしょう。

 

 ちなみワイヤレスイヤホンについては、以下のような記事を書いています。

 よろしければご覧いただけると嬉しいです。

 

www.tengoku-teihen.com

 

ラジオ的に楽しめる動画が稼ぎやすい時代に?

 ちょっと発信者側について想像してみますと、これからはますます「ながら聴きできる」動画が重宝されるのではないかと思いますね。

 YouTubeのシステム上、視聴者がどんなスタイルで視聴していようが、1回の再生は1回の再生なわけです。

 めちゃくちゃ真剣に、机にかじりついて隅々まで目と耳で楽しんでも、外出先でポケットに入れたスマホで「ながら聴き」をしても、発信者に入る収益に変化はありません。

 とするなら、「画面を観てもいいけど、観なくても成立する」取り回しの良い動画をたくさん提供する者が、より多く稼げるのではないでしょうか。

 

 そしてこれは、今後ますます強まっていくと思うのです。

 やがて5Gが浸透し、誰もが恒常的に動画にアクセスするようになるわけですからね。

 さながらラジオのようでもある動画。そういうところを攻めるのがオイシイのではないかというのが、今の私が自分を基準に考えたときに思いつく戦略です。

 もし私がYouTuberになるとしたら、そのようなコンテンツを指向することでしょう。

 

おわりに

 ちょっと話が脱線してしまいましたが、以上、YouTube Premiumの魅力、そしてそこにワイヤレスイヤホンが加わったときの威力について、語らせていただきました。

 

 ちなみに、デスクトップPCにおいても、もちろん効能は抜群です。

 現在では、主要webブラウザが「ピクチャーインピクチャー」に対応し、ウィンドウを閉じても動画だけは前面表示させることができるようになっているので、広告の出ない動画をキューに溜めて連続再生させる快適さを、一段と強く感じられるようになりました。

 

 私はべつにYouTubeの関係者ではありませんし、この記事を読んだあなたがYouTube Premiumを購入しても、私には一銭も入りません。

 とにかく純粋に「この体験を多くの人に味わってもらいたい」という想いがあり、その辺りを記事にさせていただいた次第です。

 参考にしていただければ幸いです。

 

3日10GB等の制限もなし。真の使い放題モバイルWi-Fi。