天国的底辺

二次元、創作、裸足、資格試験、その他諸々についての思索で構成されたブログ

半分賭けで機種変更したiPhone XRは大当たりでした

機種変更しました(3年ぶり)

 私はiPhoneユーザーなのですが、今年の3月に、iPhone 6sからiPhone XRに機種変更しました。

 このタイミングで踏み切った理由は、次の3つです。

 第一に、防塵防水、FeliCa、光学手ぶれ補正機能への欲求がいよいよ具体的になってきたこと。

 第二に、私はドコモと契約しているのですが、近いうちに分離プランが導入されて、月々サポートが終了する可能性が高かったこと(後に5月末新規受付終了と発表されました)。

 第三に、バッテリーがだいぶヘタっていて、上記2つの理由が自分の中でより誘惑の強いものになっていたことです。

 

機種についてはだいぶ悩んだ

 ただ、どの機種に変更するかについてはかなり悩みました。

 候補は2つ。iPhone 8か、iPhone XR。

 iPhone XSについては選択肢には入っていませんでした。理由は簡単で、値段が高かったからです。

 

 iPhone 8の魅力は、何と言っても安さと、勝手知ったる操作性にありました。

 月々実質1000円を切る機種代金、慣れ親しんだホームボタン。

 これらがもたらしてくれる恩恵のかたちは容易に想像することができ、まず外すことはないだろうという安心感がありました。

 しかし一方で、より高性能な機種があるにもかかわらず、一方引いたものを選ぶことへの抵抗感のようなものもないわけではありませんでした。

 

 それに対して、iPhone XRはまったく逆の選択肢でした。

 魅力は(価格の割には)高い性能。

 不安なのは、新しい機能が使いやすいかどうかと、大きさ重さが使い勝手を悪くしないかということ。

 具体的には、顔認証がちゃんと使えるものであるか。ホームボタンが恋しくならないか。寝ながら使うことの多い私に大きさ重さが負担にならないか。ズボンの前ポケットにきちんと収まるか。

 いずれもちょっと触っただけでは判断がつくものではなく、ある程度使わなければわからない要素でした。

 

結論としてのXR

 ギリギリまで悩んだ末、私はiPhone XRを選びました。

 とても難しい選択だったのですが、最後の最後は高い性能への憧れがほんの少しだけ勝ったのです。

 

 結果的には、タイトルにある通り、選択は大当たりでした。

 その詳しいところを、一つ一つ説明していきたいと思います。

 

その1:顔認証が不安→マスクをつけない私にはまったくの杞憂だった

 反応も早いですし、暗い部屋でもちゃんと認識してくれます。

 また、Touch IDのときに可能だった「顔を背けたままスリープを解除できる」ことは、自分にはまったくと言っていいほど必要ありませんでした。

 唯一細かな不満を挙げるとすれば、仰向けに寝転がっているときに顔認証しようとするとき、iPhoneと顔を意識的に少し離さなければならないということぐらいです。

 

その2:ホームボタン廃止→むしろこちらの操作感のほうが良かった

 ホームに戻る操作は、下から上に画面を引き上げるほうがしっくり来ます。

 私は個人的に、スマホというデバイスは「押す」という動作とあまり相性が良くないと感じているものですから、そのせいでしょう。

 今回は項目を設けませんでしたが、同じ理由で3D Touchが無いこともまったく気になりません。

 スマホを「強く押す」というあの機能は、iPhone 6sの頃から思想がおかしいと評価しており、まったく使っていなかったからです。

 

その3:寝ながら使うには重過ぎるかもしれない→そうでもなかった

 194グラムと言う重さは、従来のiPhoneからすると確かに身構えてしまう数字なのですが、実際に持ってみると、それほどこたえるものではありませんでした。

 確かに厳密なことを言えば、iPhone 6sの頃より手が疲れやすくなったのかもしれませんが、むしろそれは、スマホの使いすぎを防止する役に立っているのではないかと思えるところです。

 これ以上は持てない、などという事態になる前にスマホを眺めるのをやめようと考えるならば、これはなかなか健康的なことと言えるのではないでしょうか。

 

その4:大き過ぎて片手打ちが難しくないか→もともと片手打ちをほとんどしていないことに、今さら気づいた

 何となくのイメージで、自分はもっとフリック入力を片手で行っているものと思っていたのです。

 しかし機種変更してわかったのですが、私は片手でスマホを持って、もう片方の手でフリック入力するのが圧倒的にメインだったのです。

 この使い方において、iPhone XRの6.1インチという大きさは、何一つ有害になるものではありませんでした。

 

その5:ズボンの前ポケットに入れると邪魔にならないか→ギリギリ大丈夫だった

 ある意味、これを一番気にしていたのですが、何とかなりました。

 事と次第によっては持ち歩き方を変えなければいけないかなと思っていたのですが、結果的には今もiPhone 6sの頃と同じスタンスを続けています。

 

その6:性能ってどれくらい良いのか→非常に良かった

 明らかに処理速度は速いし、カメラの性能も素晴らしい。

 あと、大きいだけあってバッテリーの保ちもとても良い。

 月々サポート廃止の影響で、今回の機種は長く使い続けることになるだろうと言うことを考えると、ここでiPhone XRを選んでおいたことはとても有利に働くことだったと思います。

 ただし、5Gをいち早く体験したいと思っている人には、この「長く使い続けられる」というのはあまり意味がないかもしれません。そこは注意です。

 

オススメしたい

 そのようなわけで、私の使い方においては、iPhone XRにした事はズバリ、大正解でした。

 皆さんにもぜひオススメしたい。

 とはいえ、こればかりはその人の生活スタイル、手の大きさを中心とした体格、微妙な感覚の違いに依存するので、私の意見がそっくりそのまま全部あなたにも当てはまるということはないでしょう。

 でも少しでもこの記事が参考になるのならば、書いた甲斐があるというものです。あなたの機種選びに少しでもお役に立てるならば幸いです。

 

 iPhone XR、とっても良いですよ。

 特にドコモと契約をしている方は、月々サポート終了の件が結構大きいので、このタイミングで駆け込んでしまうのもお得な選択の一つだと思います。

 

3日10GB等の制限もなし。真の使い放題モバイルWi-Fi。